2018-07-25

メディア掲載:Forbes JAPAN 9月号「何を選び、何を怠けるのか 地球で耀く女性100人に聞く”私の判断軸」

Forbes Japanの9月号の特集『何を選び、何を怠けるのか 地球で耀く女性100人に聞く「私の判断軸」』で100名のひとりとしてプロフィールとコメントを掲載いただきました。

アンケート概要(Forbes記事より一部抜粋):

フォーブスジャパン編集部は、これまで取材にご協力いただいた方、forbesjapan.comのオフィシャルコラムニストやその他、各業界の一線にいる女性たち100人にアンケートを実施。キャリアの中で、何を優先してきたのか、次のステップのためにどのような準備を行い、どうやって人脈を広げるのか、キャリアの課題はあるのか、などを質問した。結果からは、100人100通のキャリアと人生の築き方を垣間見ることができる。集計結果及び、個別の回答結果、それぞれの回答者の名前やプロフィールをご紹介する。


コメントさせていただいた内容に関して、シンガポールではよく知られている通り家事をメイドさんにお願いするというのは一般的な家庭でもごく普通に行われています。単身者でもパートタイムでメイドさんを使うことも珍しくなく、私自身は食事とお洗濯は自分でやりたいという謎のこだわり(?)があるので、それ以外の水回りのお掃除や床を磨いたりといったような正直おっくうになってしまうことは2週間に1度程度きてくれるメイドさんにお願いしています。現在お世話になっているメイドさんは全面信頼しているので家の鍵も渡していて、いつも私が仕事に行っている間に家をピカピカにしておいてくれ、助かっています。

いろいろなお仕事をさせていただいて、やりたいことや生み出したいことがたくさんあり、そのために自分のコンディションを整えておくための自分の時間(睡眠時間やリラックスする時間なども含めて)も必要。なので、現在は自分が得意ではないことや自分ではなくても良いことは、お金を払ってでも外部の力をかりて、その分使わなくて済んだ時間とエネルギーを自分のために使い、支払っているお金以上の価値を発揮できるようにと心がけています。シンガポールに引っ越してから、自分を縛られていた様々な価値観から自由になって、結果的に生活全体が豊かに、そしてパフォーマンスが上がったように感じています。


今回のForbes Japan9月号のテーマは"Women at Work 100通りの「転身」"

ぜひお手に取ってご覧ください。


関連記事