2015-10

日本の女性に必要なこと:シンガポールに生きる女性たち by Girls Beeを始めたわけ

シンガポール生活も7ヶ月目に突入。
正直なところ、こちらにうつってからすぐのこの半年は、なんだか自分の魂はまだ半分日本にあるような感じで、シンガポールでの生活を『心から楽しい!』と言える精神状態ではありませんでした。シンガポールでの生活、そしてこちらで得たいと思った経験、すべて自分の意思で選んだことです。一方で、こちらに住むことが本格的に決まってからの怒涛の日々と、新しく始まった生活の中で、なかなか”新しい自分”のスタンスを掴めず、また自分の感じていること、考えていることを言語化できなかった約半年。

最近になって、自分の気持ちがきっかり切り替わるきっかけがあったり、そのきっかけをもとに、当初シンガポールに来ると決めた時にやりたいと思っていたことができそうな場所に顔を出したり。その甲斐もあって、ようやくシンガポールで生活しているという実感、そして『シンガポールでの生活を楽しんでいる!』と自分自身で感じれるように!

そんな中新しくはじめたことのひとつ、現在Girls Beeの代表として公認@beautistとして記事を書かせていただいている@beautistにて『シンガポールに生きる女性たち by Girls Bee』という企画を新たにスタートしました。

これは私が、現在のシンガポール生活の中で出会った素敵な女性たちの生き方をインタビュー記事として定期掲載していくという企画。シンガポールに生きる女性たち、年齢、仕事等問わず、日本人以外の様々な国籍やバックグラウンドをお持ちの方をこれからご紹介していく予定でいます。

「あなたの”なりたい”がかなう」をテーマに私自身が2011年9月に立ち上げ、現在まで運営してきたGirls Bee。
私がシンガポールに拠点を移したことで、Girls Beeの日本での活動はひとつの節目を迎え、これまで運営してきたリアルイベントを中心とした活動から、Webやオンラインの環境を活かした活動方法に少しずつシフトさせています。(一部のリアルイベント関連のプロジェクトは、日本での活動を手伝ってくれているメンバーのサポートを得て継続しており、また私が一時帰国するタイミングで今後何かしらまた企画が実現できればと考えています。)

Girls Beeのコンセプト、活動に関わることを、何かしらのかたちでシンガポールでできないか、どんなことができるかな、とこの半年ほどすっともやもやと考え続けていたのですが、今回この『シンガポールに生きる女性たち by Girls Bee』という企画でそれをひとつかたちにすることができました。

実はこの『シンガポールに生きる女性たち by Girls Bee』という企画、私自身がGirls Beeをはじめた原体験ととても強く関係しています。私自身がGirls Beeを立ち上げることになった背景のひとつは、小さい頃訪れた様々な海外の国で出会った女性たちの姿でした。

私は日本で生まれ日本で育ったので、帰国子女ではなく、また留学経験もありません。一方で、旅行が好きな両親(特に父)の影響で、小さい頃からいろいろな国を訪れる機会に恵まれました。欧米や東南アジアなどいろいろな国に足を運び、当時は英語はまったく話せなかったはずですが、宿泊先のホテルのスタッフの人たちに遊んでもらったり、ちょっとした会話をしたり、幼心に、自分がよく知っている”日本人”という人種以外に、世界には様々な人種がいること、またそれぞれの国にその土地ならではの文化や生活があること、そしてそれがどんなものなのかということに興味深々でした。

そんな中で印象的だったのが、海外の女性(特に欧米の女性に多いように思います)がすごく自分に自信があって輝いているようにみえたこと。一方、日本に帰ってくると、日本の女性もきれいな人、素晴らしい個性や能力を持った人がたくさんいるのに、なんとなくみんなそれを見せないようにしたり、隠したり、そしてみんな自信がなさそうに見える。自信があるように見える海外の女性と、自信がなさそうに見える日本人の女性、何の違いがこの差を作り出しているのだろう、ということがいつも心に引っかかっていました。

現在の私が考える”この違い”の背景にあるのは”Self Confidence”だと考えています。
“Self Confidence”は、日本語でひとことで言うと『自分への自信』という感じでしょうか。日本語で『自分に自信がある』というと、なんとなく人に対して威圧的というような印象を与える気がするのですが、ここでいう”Self Confidence”は『自信』の中でも、自分の内側から湧き上がってくるような自信、誰かに対して誇示するのではなく、自分自身が自分自身であることを認められる、そんなニュアンスの『自信』です。

ではどうしたらこの”Self Confidence”が身につくのか。
それは、日々自分で考え、自分の考えを外に発信すること、またその考えをもとに行動していくこと。すごく地道なように聞こえますが、結局”Self Confidence”を身につけるすべはそれに尽きると思います。

日本の女性が”Self Confidence”がないように見える理由は、自分で考え、自分の意見を述べるという機会があまりなかったり、自分で考えたことを行動に移すことをしていないことにあるのかもしれません。また、”謙遜”が美徳とされる”日本社会の中で、自分を必要以上に”卑下”したり、もしくは日本社会自体がまだまだそういう『自ら考え行動する女性』を受け入れない土壌があることがより大きな背景にあるのかもしれません。
(もちろん、日本人の女性で”Self Confidence”をしっかり持って、自分の考えを元に行動し、素敵な生き方をされている方はたくさんいらっしゃいます!)

そんな私自身も、もともとは自分にまったく自信がありませんでした。
でもいろいろなきっかけで、自分なりの小さなチャレンジをして、それを達成したり、様々な自分なりの挑戦をする中で、そんな私を見つけて、認めて、引き上げてくださる方々にであったりということを多々重ねていくなかで、自分のなかの”Self Confidence”が少しずつ構築されていきました。そうすることで、今までの自分にできなかった、またひと回り大きなチャレンジができるようになっていきます。

『シンガポールに生きる女性たち by Girls Bee』では、国際都市シンガポールならではの特徴を活かして、シンガポール人に限らず様々な国籍の方で、何かしらの理由で”いまシンガポールで生活をしている”女性たちを取材していく予定です。そんな様々なバックグラウンドを持つ”Self Confidence”のある女性たちが、どんな生き方をしているのかをご紹介することで、日本に生きる女性にとっても、自分をとりまく環境の枠にとらわれない自分らしい生き方を考えるヒントやきっかけになりますように。

インタビューでは、その人その人のこれまでの人生に触れるので、とてもパーソナルな出来事や価値観に触れることも。そうした内容は、プライバシーに関わるものである場合記事にすることはできませんが、私の中にひっそり、でもしっかり蓄積して、いつか機会に恵まれたタイミングでそうした内容をエッセンスにしたコンテンツも発信していけたらなぁと思っています。

新たに始まった『シンガポールに生きる女性たち by Girls Bee』の企画を通して、バックグラウンドの違う様々な女性と出会い、またひとりひとりの価値観、生き方に触れていくことが私自身とても楽しみです。

IMG_2045
記念すべき第1回の『シンガポールに生きる女性たち by Girls Bee』でインタビューさせていただいたStrala Yoga SingaporeのFounder and DirectorのJolene Limさんと。

2015-10-31 | Posted in Blog, Gallery, WorkNo Comments » 

 

「テンプグループ・チャレンジウーマン・スカラシップ」公認サポーターとしてメッセージを寄せさせていただきました

日本を代表する大手人材企業のテンプグループが提供する「テンプグループ・チャレンジウーマン・スカラシップ」は、留学を通して夢や目標にチャレンジしたい社会人女性を対象にした奨学金制度。国内事前研修・授業料・保険料・滞在費・サポート費用など費用の約8割をテンプグループにサポートしてもらうことができます。

渡航先はシドニーとシアトル!
本制度の公認サポーターのひとりとして、コメントを寄せさせていただきました。
OgawaMana_2

世界で活躍する女性や、女性起業家、女性支援にかかわる公認サポーターの方々のメッセージはこちらからご覧いただけます。

応募締め切りは11月1日まで!
ご興味のある方はぜひこちらよりご確認の上お申し込みください。

2015-10-17 | Posted in Gallery, Press/ Article, WorkNo Comments »