2016-04

@beautist:公認@ビューティストBlog更新「可愛い・使いやすい・プチプライス!三拍子そろったシンガポール発のメイクブラシ」

日本最大のコスメ・美容の総合サイト@cosme内のビューティブログサイト@beautistにて
公認@beautist(エバンジェリスト)として書かせていただいているブログを更新しました。

2016-04-26 | Posted in Blog, Press/ Article, WorkNo Comments » 

 

シンガポールで出会った女性たちに学ぶ「自分らしさ」を最大限に開花させる方法

シンガポールでの生活に、より充実感を感じるようになってきたのは、自分が『大好き!』と心から感じるお友達にめぐり合い始めてから。
自分が日々どんな人に囲まれて過ごすか、というのは、「なりたい自分」をかなえる上でもとても大事な要素。私自身、『何をするか』と同じか、それ以上に、日々『誰と過ごすか』については、実はとても意識しています。

今の私が、次の『なりたい自分』になるにあたって、一緒に多くの時間を過ごしていきたいと思っているのは、生まれた国も、育った環境も、基準とする言語を含めた文化や価値観も違う人たち。なので、現在の私のシンガポールの生活では、ほとんど日本人以外の人たちと過ごす時間に重きを置いています。

私自身が海外に興味を持つきっかけとなったのも、実はそうした自分とまったく異なるバックグラウンドを持った『人』。
旅行好きな家族の影響で、小さな頃からいろいろな国を訪れ、そこで見かける人、特に女性たちが、日本人にはない”何か”を持っているように見えて、それがなんなのか、幼子心に興味深々でした。そして、シンガポールに引っ越して、日本人以外の友人たちと時間を過ごしながらも、その”何か”が何なのか、”何か”を形作っているものが何なのか、ずーっと考えていました。

その”何か”が何なのかは、以前こちらのBlog記事「日本の女性に必要なこと:シンガポールに生きる女性たち by Girls Beeを始めたわけ」でも書いた”Self Confidence”、自分の内側から湧き上がってくるような自信、自分自身が自分自身であることを認められる、その心のあり方だということがわかりました。

ではその”Self Confidence”を形作っているものは何なのか。
今回はそれを、私がシンガポールで出会った素敵な日本人以外の友人、特に女性の友人達に共通する特徴を分析しながら考えてみたいとおもいます。

特徴①:何事にも、ものすごくオープンマインド
とにかく心が素直でオープン。そのまっさらな心で日々過ごしているので、人との出会い、仕事など、いろんなチャンスがやってくる。
欲しいチャンスであれば掴むし、仮に何かしらの理由でそのチャンスを受け取らなかったとしても、すぐ前を向いて次のチャンスに備える。
過ぎたことや、どうにもならないことはウジウジ悩んだりしない。

特徴②:「学ぶ」ことにとても意欲的
自分が興味のあることを積極的に学んでいる。
語学だったり、MBAだったり、e-learningだったり、はたまたダンスやヨガ、絵を描くことといった趣味寄りのこともふくめて。
自分が『何を欲しているか』を考えて、行動に移している。

特徴③:環境や状況を受け入れる柔軟性
住む国が変わればルールも変わる。その土地に住む人たちの性格や考え方もまったく異なる。
そんな新しい場所や、自分が慣れない、自分とは異なる考えをもった人の中でも、それを理解して受け入れて、自分自身も気持ち良く過ごせるような心の持ち方に切り替えている。
あるイタリア人のお友達は、サルサが大好きで習っているのですが、「イタリアにいたら、絶対に自分から男性に「一緒に踊りましょう」と声をかけることはなかったけど(常に男性が積極的に声をかけてくるから)、シンガポールでは、特にアジア系の男性はあまり積極的に誘ってこないので、自分から「一緒におどりましょう」と声をかけるようになったよ、イタリアにいた自分からすると考えられないことだけど(笑)」といっていました。
“郷にいれば郷に従え”とは言うけれど、変なプライドや固定概念を捨てられる柔軟性が素晴らしい。

特徴④:やりたいこと、いきたい場所、どんどん自ら動く
やりたいこと、いきたい場所など、ひとりでもどんどんいく。
みんなで行った方が楽しいとおもったら、どんどん周りに声をかける。仮に知り合ったばかりの友人だとしても。
「ひとりで行くの、さみしいな」とか「ひとりで行って、おひとりさまって周りから思われたらどうしよう」とかまったく考えてない(笑)

特徴⑤:自分の仕事に誇りを持っている
自分の興味を追求したり、得意分野を活かすことの延長に、仕事がある。
日本でよく言われる『ゆるキャリ/バリキャリ』とかのカテゴリーは存在しない。
仕事は当たり前にしているもの。自分の人生やアイデンティティーを形成する要素のひとつ、というようなスタンス。

特徴⑥:仕事はもちろん、恋愛も積極的に楽しむ!
いろんなことにアクティブな彼女たちを見ていると、恋愛したり、デートしたりしてる時間なんてないんじゃないかと思えますが、
そんな彼女たちはプライベートもしっかりエンジョイしています♡
彼がいる場合は、一緒に過ごす時間を大事にしたり、時には旅行したり、友達ぐるみで一緒に遊んだり。
彼氏募集中の子は、積極的にネットワーキングイベントに出てみたり、アプリでデート相手を探したり!(シンガポールでは、男女の出会いに限らずネットワーキングイベントはものすごく盛んです。また恋人を見つけるのにアプリを使うのもすごく一般的です)

ざっと、こんな感じでしょうか。

もちろん、シンガポールにいる女性がすべてこういう人であるというわけではありません。
あくまで私の周りにいる日本人以外の女性の友人、特に素敵だなと思う人たちの特徴をざっくり挙げてみたという個人的な見解です。
彼女たちは、『自分』を『自分』で楽しませることがとても上手。
自分が欲していることを把握して、それに対して素直に行動に移す。
そうすることで、”Self Confidence”が形成され、『自分らしさ』を最大限に開花していくことができるようになるんだなぁということを彼女たちをみていて強く感じます。

私自身、わりと自分の人生には積極的に生きてきたつもりでいたのですが、彼女たちと一緒にいると、私はまだまだ受け身な部分、消極的な部分があるなぁと感じたり(笑)
またそんな彼女たちの影響もあって、自分自身がより具体的に次にどうなっていきたいかの新しい方向性も見えてきました。

IMG_5303

日本には、人を思いやったり、気持ちをおしはかったり、周りを大切にし、合わせる、といったとても繊細で美しい心のあり方があります。
一方で、そうした日本独特の考え方や価値観が、『自分らしく』生きることの妨げになってしまうことがあることも感じています。

私がシンガポールで出会った女性たちに学ぶ『自分らしさ』を最大限に開花させる方法が、
日本人の繊細で美しい心のあり方を維持しながらも、もっと自由に、自分の心に素直に、望む人生を生きたい人の何かの参考になったら嬉しいな、と思います。

2016-04-23 | Posted in Blog, GalleryNo Comments » 

 

@beautist:公認@ビューティストBlog更新「シンガポールで訪れたい日本未上陸ブランド! vol.2」

日本最大のコスメ・美容の総合サイト@cosme内のビューティブログサイト@beautistにて
公認@beautist(エバンジェリスト)として書かせていただいているブログを更新しました。

2016-04-10 | Posted in Blog, Press/ Article, WorkNo Comments » 

 

渡星1年で見えてきたこと:『なりたい自分』はいつからでもどこからでも叶えられる

今日は、先日私のfacebookに投稿した文章にちょっと+αした内容を。

住む場所としての日本を離れたのが昨年の3月25日。新しい場所で新しい分野の仕事をはじめたのが4月1日。
シンガポールを拠点にした生活を始めてちょうど丸一年がたちました。
この1年は、あっという間だったような気もするし、激動で濃かったし、そういう意味ではもっと長い時間が経ったような気もします。

シンガポールに引っ越したかった理由、論理的に言葉で説明できる部分は、以前ライフハッカーの記事やこちらのブログでも何度かお伝えしてきました。
でも今になって振り返ってみると、国を超えた且つ期限の決まっていない引っ越しは意外と気力も体力も必要で(笑)でもそんなこともかえりみずに引っ越してしまったのは、たぶん一番は自分の心の底というか魂が”こちらに移りたい”と言っていて、それに従わずにはいられなかった、という部分が一番大きかったように思います。

生まれてから30年ずっと日本を拠点にしてきた分、また日本で自分自身が取り組んでいたことや、それによって生まれたたくさんの人間関係がありました。最初は、何を継続して、何を手放したらいいのかよくわからなくなったり、なんだか前に進んでいないような、後戻りしているような、シンガポールに引っ越してきた意味さえ見失いそうになったこともあったり。

でも、いつも私の心の中にあったはのは、『次はこういう自分になりたい』『次はこういう環境で暮らしたい』という自分のありたい姿でした。その姿は、絶対にこのまま日本で生活し続けたら実現はできない。そのことだけはとても明確で、いろいろな複雑な思い、切ない思い、苦しい思いを時に抱えながら、でも前を向き続けてきました。

この一年間、ずっとそれを思い描き続けて、一年たった今、ふと自分の今の状況を振り返ってみると、その描いていた自分のあり方や自分を取り巻く環境はほとんどすべて叶っていました。自分の土壌が入れ替わって、新たな土台ができてきた、というような感じです。

『なりたい自分』を追求すること。
これは私自身小さい頃からずっと”将来何になるか”を想像してワクワクしている子どもだった頃にはじまり、自ら立ち上げたGirls Beeのテーマでもあり、自分自身のライフワークのようなトピックです。

『なりたい自分』を実現するためには、主に2つの側面・要素があると私は考えています。
一つは、”何をするか”で『なりたい自分』像に近づいていくこと。
仕事はもちろん、趣味なども含めた自分自身が行う”活動”によって『なりたい自分』像に近づいていくことができます。
そしてもうひとつは、”どんな人に囲まれるか”で『なりたい自分』像に近づいていくこと。
人はすごく環境に左右されます。日々自分の周りにどんな人がいるかは、自分がどんな人かを知るひとつの指標だと思っています。

この2つの側面・要素という点で、私を取り巻く世界はこの1年でまったく違う景色になりました。
そしてその新しい景色が見えてきて感じるのは、「そうそう、私はこういう世界がほしかったの!!」という気持ち(笑)
まだまだ土台にたったぐらいの状態で、これを維持していく、そしてより私自身が『なりたい自分』になるためにはここからがスタートですが、でもいまその新しい景色が自分自身の目の前にあることがとても嬉しくて、私の心もとても喜んでいるのが自分でも分かるぐらい。

『なりたい自分』をかなえていくこと。
これまでも自分なりにいろいろな挑戦をして、ひとつずつ”なりたい”をかなえてきたけれど、心のどこかでまだ確信できていない部分がありました。本当にどんな”なりたい”でも叶えられるんだろうか、と。
それが、この1年、自分自身でものすごい変化を体験して、また新たに『”なりたい”を叶えた体験・経験』をして、自分の中で確信になりました。”なりたい”は、いつからでも、どこからでも、はじめられるんだ、って。

昨年公開された映画、実写版のシンデレラの挿入歌で”Strong”という曲があるのですが、そこに私の大好きな歌詞があります。

“Be the one who rescues you”
直訳すると「自分を助けられるのは自分自身」。
シンガポールに引っ越した頃にちょうどこの映画が上映されていて、シンガポールで初めて見た映画がこのシンデレラでした。
それ以来この曲をよく聞いていたので、この曲を聴くと、シンガポールに引っ越してきたばかりの頃の気持ちやこの1年のことがいろいろと思い出されてきます。そして、この歌詞の通りすべては本当に自分次第、自分が”自分に見える世界をどう見るか”で、世界はまったく変わるんだなといま強く実感しています。

まだまだはじまったばかりの私の新しい人生。
日本から応援してくれている家族や友人、シンガポールで出会い、助けてもらったり一緒に楽しい時間をすごしている友人たち、恋人、支えてくれる人たちに感謝しながら、大事に味わっていきたい思います。

IMG_5069

2016-04-07 | Posted in Blog, GalleryNo Comments » 

 

@beautist:公認@ビューティストBlog更新「シンガポールでルーフトップめぐり No.6 LeVel 33」

日本最大のコスメ・美容の総合サイト@cosme内のビューティブログサイト@beautistにて
公認@beautist(エバンジェリスト)として書かせていただいているブログを更新しました。

2016-04-02 | Posted in Blog, Gallery, Press/ Article, WorkNo Comments »