2018-10-27

対談イベントレポート:Forbes JAPAN副編集長 谷本有香さんとの対談イベント「自分を信じる力を取り戻すーこれからの時代を生き抜くための”自己肯定力”と”偏愛力”の鍛え方ー」

2018年10月26日(金)、Forbes JAPAN副編集長 谷本有香さんとの対談イベント「自分を信じる力を取り戻すーこれからの時代を生き抜くための”自己肯定力”と”偏愛力”の鍛え方ー」を共催、パネリストとして登壇させていただきました。

今回のイベントの前半のトークセッションでは、それぞれに過去に自分への自信のなさやトラウマ、そして様々な葛藤を抱えていた谷本有香さんと小川麻奈が、それをどうやって乗り越え、道を切り開いてきたのか。そして今現在、どんな不安や葛藤と日々向き合いながらも生きているのか、そんな二人の今だから、そして直接お会いできるライブイベントだからこそお話しできる内容をふんだんに盛り込んで、「自己肯定力」の鍛え方、磨き方について、対談形式でざっくばらにお話ししました。

後半のセッションでは二人の他に、今回の会場を提供してくださったフランス発のホリスティックビューティー&スパブランドのYONKAを運営されているヴィセラジャパンの武藤社長も交えて、夢中になるほど好きなことを仕事に生きていく”偏愛力”の磨き方、鍛え方について、対談形式でざっくばらんにお話しさせていただきました。最後は、谷本さんの新刊のテーマでもある”偏愛(人が何かしらにもつ『強い思い』)”を基にした”ビジネス・ライフアイデンティティ”を見つける参加型ワークショップも。

表参道の閑静なエリアにあるYONKAビルに、お仕事にプライベートに美しく生きる華やかな女性方にご参加いただき、閉会時間を大幅に延長して終了、大好評のうちにイベントを終了となりました。

参加者の方からいただいたコメントの一部のご紹介

対談イベントは、本当に心が震えました。
私はこれまでロールモデルをずっと探していましたが、こんなにもたくさんの、憧れる方がいらっしゃることを知り、気持ちも前向きになりました。その後、周りからも自信や今後の目標に繋がるメッセージをいたたけて、やっと、やりたいことが見えてきました…

谷本さんの本も、夢中で読み耽ってしまいました。またワークもまた新たな気づきが生まれて、他の方の話も聞きながら思い出したことがあったりして、みなさん引き寄せ合っていたんだなと感じています。すごい良いエネルギーとヒントをいただけたなと思い、参加させていただけてホントによかったです。(教育業界所属 30代女性)

タイムリーな内容だったので申し込みました。イベントのグルプワークで思ったことが自分の中にまだウズウズしててちょうど色々ノートにまとめています。いつも刺激をもらってます。(IT業界所属 30代女性)

 

多大なご協力をいただいたヴィセラ・ジャパン株式会社のみなさま、可愛くて美味しいケータリングをご用意くださったフードリンクの大雅さん、お手伝いくださった小林桃子さん、石川ともみさん、増尾仁美さん、そして会場の空気とエネルギーをつくってくださった参加者のみなさま、本当にありがとうございました。


またこのような対談イベントの機会をご提案くださった、谷本有香さんに改めて御礼申し上げます。


関連記事