2018-06-07

講演レポート:パーソルキャリア株式会社 女性社員向けライフデザインプロジェクト

2018年6月6日(水)、パーソルキャリア株式会社(旧インテリジェンス)の転職サイト事業部内、女性社員向けライフデザインプロジェクトの初回ゲストスピーカーとしてお招きいただきました。

今回は「仕事もプライベートも”なりたい”をかなえる!インテリジェンス卒業生に聞く”自分らしい人生”をつくる方法」をテーマとした講演&ワークショップ。

セミナーのはじめは、お仕事終わりでちょっとお疲れモードかな?という感じだった参加者のみなさんが、セミナーとワークショップを通じて、みなさんの本来のキラキラ生き生きした笑顔になっていったのが嬉しく、またとても印象的でした。

イベント主催者からの講演後に頂いたコメント

<パーソルキャリア株式会社・転職サイト事業部 DODA編集長 大浦征也さんから>

まなさん、今回はお忙しい中、講演、ワークショップの実施ありがとうございました。主催者としては、参加前と参加後のメンバーの顔つきが明らかに変わり、スポーツやジョギングを終えた後の爽快感かのような晴れやかな表情になっていたのが、とても印象的でした。

日常の業務で行う目標設定やキャリアの棚卸しではなく、自分自身の人生と向き合い、自分自身の中にある「らしさ」を前面に意識するような内容だったからこそ、日常的には感じられない気づきがあったと思います。

参加者同士が「恥ずかしい」と言いながらも、自分なりの夢、目標や明日からの行動変化を語っている姿は、希望に満ち溢れ、明らかに明日からの生活が変わるのだろうなと感じました。最近では、キャリア一辺倒の自己啓発ではないセミナーなども多くありますが、まなさんの原体験から来るそれらの話は、とてもリアリティーがあり受講者に響くものでした。まなさん自身がチャレンジし、掴み取ったものであり、にもかかわらず、まだこれからもチャレンジしようとしている姿、想いが、伝わってきました。個人的にも、自分のキャリアやらしさ、ひいては人生を考えるきっかけになり有意義な時間となりました。有り難うございました。

私も役割上、100年時代のキャリアの築き方など講演する機会が多いですが、まなさんのような方とご一緒し、ビジネスの側面以外の人生についても共に語ることができれば、良い時間になるのではないかと思いました。

働くことについての価値観が多様化する今、周りに惑わされず、社会的な常識に囚われず、自分の内側にあるエネルギーを信じ、純粋に思うがままに生き、自己効力感や自己肯定感が高まると、人はとても強い力を発揮するのだと思っています。そんな社会への発信を今後もご一緒できれば幸いです。改めてありがとうございました。

 

<パーソルキャリア株式会社・転職サイト事業部 ライフデザインPJTオーナー 増尾仁美さんから>

社内でライフデザインというテーマでPJTを発起・運用を5月から開始していているのですが、そのPJTテーマである、各々自分のありたい姿や、自分らしい人生を自分ででデザインして実現していくというテーマをまさしく、まなさんが、体現されているため、初回スピーカーにはぜひまなさんにお願いしたいと考えており、依頼させていただきました。

まなさん自身が、ご自身のありたい姿を実際に見つけ、ご自身で実現されており、自分の今後のありたい姿を描けずに迷っているそんな女性に、いい気付き、刺激になると思い、 お声がけさせて頂きました。また、まなさん自身がインテリジェンスの先輩ということもあり遠くない存在であるため「私もこうなれるんだ」といういう勇気や希望に繋がると考えたことも理由です。

当日は、まなさんの実体験に基づく、お話と、体系化されたワークショップに参加するにつれて、参加者の皆の顔が物凄く明るく、イキイキしていく瞬間が、本当に何かからの呪縛から解き放たれたみたいに変わっていくのを感じ、本当に心にぐっとくるものがありました。彼女たちの本来のエネルギーや魅力であの空間は、満たされていたように感じます。

また、翌日すぐに参加者の何名か私のところに来てくれて、「方向性が見つかって仕事も前向きに取り組めるようになった。」「今後の自分に必要なものが分かりました」という声がありました。彼女たちの表情は、明らかにこれまでと違う表情で、イキイキキラキラとしていました。『自分を取り戻した人はこんなに素敵な笑顔になるのか。こんなに自然にあたたかくて強いエネルギーを持つんだな。』と私自身も彼女たちから力を、貰い、改めて良い気付きになりました。素敵な機会と気づきを提供いただき、本当にありがとうございました。

私自身が大学卒業後のキャリアのスタートの場として選んだインテリジェンス。社会人のはじめの貴重な4年でたくさんのことを経験させていただいた古巣での講演。私が退職後は、会社の合併や社名変更などを経て、東証一部企業の大企業になったパーソルホールディングス。当時と規模や会社の状況はだいぶ変わってきているようですが、パーソルキャリアの社員の方々のお仕事にまっすぐな姿勢、サービスを通じて世の中に仕事でイキイキできる人を増やそうというスピリットは、私がいたインテリジェンス時代と変わらないものを感じました。

昔働いていた丸ビル27階に足を踏み入れたのは転職して以来約7年ぶり。お世話になった大先輩や親しくさせて頂いていた先輩方、後輩もたくさんいらしてくださって、嬉しかったです。

自分が本当に生きたい人生を生きるための材料は、全部自分の中にある。これは、私自身がこれまで経験してきた人生の中で、また仕事やプライベートで様々な方々の人生を垣間見させていただいた中で強く実感していること。人それぞれが本来自分の中に持っている可能性やパワーを取り戻していくことのお手伝いを、これからも様々なアプローチで取り組んでいきます。

最後に、お招きくださったDODA編集長の大浦征也さん、そして本プロジェクトオーナーの増尾仁美さん、貴重なご機会をありがとうございました。

講演・講義・パネリスト登壇等のお仕事のご依頼

講演やゲスト講義、パネリスト等のお仕事のご依頼はお気軽に以下までお問い合わせください

Email:manapy17☆gmail.com(☆を@にご変換ください)


関連記事